FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

うれしいお客様

今日、1組のお客様がいらっしゃいました。
数年前にもお越し下さったお客様です。

お二人目がお生まれになったので、
またお雛様の製作のご依頼です。
この様なご依頼は珍しくないのですが、
おニ人目のお雛様をお求めになられるまでの経緯が
とても素敵だったのでご紹介します。

当工房でお雛様をお求めになられる
お客様のほとんどはオーダーメイドです。

お祖父様・お祖母様・お父様・お母様が
娘様のために一生懸命組み合わせを考えて
私共職人に作らせた、まさに逸品。
ご家族の娘様へのお気持ちがいっぱいつまった
世界にたったひとつだけのお雛様です。

そう言う気持ちはお姉さんになった娘様 にも
ちゃんと伝わっていて、妹様にさえも渡したないと
仰ったそうです。
お祖母様・お母様も同じ女性としてお気持ちを理解され
今回の製作依頼に至られました。



私たちの業界では『一人一飾り』を推奨しています。
『お一人お一人の御守り』という意味合いが一番ですが、
商業的な匂いは消し去れません。
「お母様の雛人形を娘様に」や「姉妹で兼用」
で使われてしまえば商業として成立しませんから...
「売るために」いろいろな事を言って売る傾向が
強くなってしまっていることは事実。

でも、職人の私としては、そんな考え方に
若干違和感がありましたので、私たちだけは
『娘様にさえ渡したくない宝物の雛人形』を目指して
品質を上げることに全力を傾けてきたつもりです。

そんな大人な事情を知らない5才のお子様が、
私たちの考え方を、まさに感じ取って下さったのです。
こんなにうれしく、職人冥利に尽きる事はありません。

娘様の世界で1つの宝物を作っている
緊張感をいつまでも忘れることなく、
また、傲らず謙虚にそしてにこやかに
精進して行こうと心に固く誓いました。

涙が出るほどうれしかったです。
本当にありがとうございました。


皆様も『一生の宝物になる雛人形』を
職人に作らせてみませんか?
ご来店お待ちしております。



HPはこちら






関連記事
スポンサーサイト

2015/01/05 15:13 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。