FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

人生初の・・

先日、人生初の経験をしてきました。





なんと!







講演!(卓話)







私のような者の話を聴きたい方っていらっしゃるのでしょうか?!



私なんかフツーに平々凡々と暮らしているだけで
特に変わった事が出来るわけでもありませんし・・・



強いて言うならお雛様を作れるという事だけでしょうか?
↑多分これだと思いますがw




デモですね、私は元来不器用なので仕事が出来る様になるか不安でしたが
私の父が仕事を始める前にこんな事を言ったんです。




『20年やって出来ない奴はいない』





その時は途方もない年月で不安を払拭できる言葉ではありませんでしたが
今年23年目を迎えまぁ何とか人並みに作れる様にはなったかな?
と、思っていますww
↑まだまだやりたい事の半分も出来てませんが(笑)






そう言う事で←どう言う事!?
講演(卓話)の依頼が来たときは
人生でこんな依頼は2度とないだろうと思い受けてみましたw




私共の会社の方針でもありますように
『楽しい事はやる!』←方針か?!
ですのでやってみることにしましたw




会場にお雛様を2組飾らせて頂きました。


娘のお雛様を飾ってみました。
これもお話のネタにするためです。





奥さんも一緒に来てもらいました。
1人じゃ心細いですからねw





始まる前にお客様と名刺交換をさせて頂き、
いろいろお話もさせて頂きました。



さぁいよいよ始まります!






お客様は総勢70名程。



皆さん真剣に聞いてくださっています。





最初、ちょっと掴みのネタ的なお話をした時は
皆さん笑って下さったのでリラックスして話せるかなと思ったのに
本題に入った途端、真剣に聞き出したのでコチラも緊張しまくりでしたww





家族におけるお雛様の役割は『絆を深める』的な
お話のために娘の人形を持っていったんです。




そんな話しをしていて気づいたのは・・・





皆さん私の話にうなづいている事でした。



なんかホントにちゃんと聞いて下さってる事がわかり、
すごっく嬉しくなっちゃいましたw




お話を終え実演タイムに!

上着を脱いで作務衣をはおりいざ実演へ。

まずは、奥様から。
奥様は黙々と仕事をこなしていきます。
少し説明を仕掛けましたが、仕事ぶりを見て頂こうと思い説明をやめました。






続いて私の番です。

奥様が黙々と仕事をしたので私も黙々と仕事をしましたw
すると女性二人が近くで見たいと仰って間近でご覧になられます。



いつもTV撮影でカメラが寄って来ると
緊張して作業手順が狂うのですが
今回は全くそう言う事もなく心静かに作業できました。


後にお食事の時、同じテーブルの方に
『パフォーマンスでなく、黙々と仕事をした所が良かった。
 変にショー的な感じだったら信用しなかった。』
と、仰ってくださいました。




なんと! 思惑通りではないですか!w





実演も終わり質問コーナーに入り
コレですべてつつがなく終りました。




とっても美味しいお食事を頂いてしばし談笑。

その時舞台で会員様のパフォーマンスが始まりました。
まずは、加藤訓音(かとうさとね)さんの三味線から




郡上踊り、炭坑節、津軽じょんから節と3曲続けて、

さらになかにし陽子さんのアカペラ。


お二人ともめちゃくちゃ有名な方らしいです!
↑私は存じ上げませんでスミマセン(^_^;)

その他、マジックをやられる方、童話作家の方、いろんな方が
パフォーマンスをして下さりとても楽しかったです。


お開きの時間になり皆さん流れ解散。
締めのないこれもまた乙な感じw





その後・・・

お雛様を片付けて控室に戻った2人は
流石にくたびれていましたww



それにしても講師控室の広いことw

貧乏性の2人は隅っこに居ましたww
↑落ち着くんですねーw






講演を終え、成功だったかはわかりませんが
少なくとも失敗ではなかったと思います。
↑そう思いたいだけ!?



次回があるかはわかりませんが
とっても良い経験ができたと夫婦で喜んでます。




本当にありがとうございました!








 

関連記事
スポンサーサイト

2012/08/21 14:35 | マスコミ関係COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。