FC2ブログ

まちなか探検

先日、地元の小幡小学校から『まちなか探検』にて、当工房へお越しくださった生徒様からお礼状を頂きました。













皆さん一所懸命書いてくださったのが伝わり、工房一同感激しております。

またここに来たいとか、もっとお雛様のことを知りたいなど、お越しになる前より興味がわいた方が多かったようですね。

実際、男の子2名が後日何度かお越しになられました(笑)

女の子でなく男の子と言うところが、なんとも不思議ですが、お礼のお手紙を読んで得心しました。

皆さんにも読んで頂きたく、掲載します。(原文まま)

『ぼくはかとう人形さんはすごいと思いました。 なんでかというとざいりょうがいっぱいあったり人形すごく上手ですね。ほんもの見たいでした。(中略) ぼくはしょうらいのゆめをきめました。ぼくはかとう人形になることに決めました。またいつかあえたら声をかけてください。またいつかかとう人形いきます。』









将来の夢が加藤人形だなんて、おじさん涙が出ちゃうよ。

これで後継者問題はクリアですね。

いつか君が来てくれるのを、楽しみに待っているからね!

皆さんありがとうございました!






うれし涙が止まらない店長
HPはこちら http://hosakaho.web.fc2.com/














スポンサーサイト

2018/11/06 11:07 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

地震が多くなってます。


最近、和歌山県などで地震多いですね。今朝も紀伊水道で震度3が揺すりました。


東海、東南海、南海地震が間近だと叫ばれる中、お出かけしているとふと不安になるお店ってありますよね。


以前、あるホームセンターにいた時地震にあい、震度3にも関わらず、店ごと揺れた経験があります。非常に怖かったです。


耐震補強のされていないお店は非常に不安です。お節句をお求めになられるお客様は、小さなお子様連れが多いので、より不安になられることでしょう。


その点、私のお店はセキスイハイムでできていますので非常に頑丈です。神戸地震、東北地震、熊本地震でも、セキスイハイムの建物は、1棟の全壊はもちろんの事、半壊も無い程の丈夫さです。


お節句品を選ぶには時間がかかりますし、お店での滞在時間も長くなりがち。地震対策していないお店に長居するのはちょっと不安、というお客様は是非当店にお越しください。


当店では、緊急地震速報システム完備。制震システム完備。防災ヘルメット常備などなど。お客様に安心してお買い求め頂くための装備を充実させています。また、当店は名古屋市内でも守山区の高台にあり、地盤もか固く、山や、川、がけなどが近くには無く、土砂崩れ、川の氾濫、津波、液状化等の心配もございません。


お子様を守る為のお節句品を作る工房だからこそ、常にお子様の安全、お客様の安全を心がけております。


安心してご来店くださいませ。





防災に意識高い系のお店はこちら。

HP :  http://hosakaho.web.fc2.com/



2018/11/05 16:57 | 雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

読売新聞 1面

私共の工房は、名古屋市内にあるので
テレビ局や新聞社が近いためか
時々取材に来ていただけます。

今回は初!読売新聞さんです。

読売新聞1面


新聞1面に掲載されました。
この記事は、青森から広島まで掲載されているそうです。
いよいよ全国区ですね(笑)



読売新聞さんのWeb版にも掲載されました。
ほんの瞬間でしたが、Web版のトップにも載りましたよ!

読売新聞Webトップ



記事と写真はこちらです。

読売新聞Web記事


読売新聞Web写真


これをご覧になられた全国の方が
ホームページを検索されますので、
アクセスもうなぎのぼり。
AM10:30現在で、今季最高を記録しております(苦笑)
マスコミさんの力は恐るべし!(嬉)




この記事をご覧になられ、オーダーメイドのお雛様に
ご興味をお持ちの方は、是非ともお問い合わせくださいませ。
心を込めて、一生懸命お作りします!







また、『新聞見たよ! 』とお声がけくだされば


もれなく!


私が喜びます(笑)

宜しくお願いいたします。


HP :  http://hosakaho.web.fc2.com/

2018/01/31 10:58 | マスコミ関係COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

毎日新聞 1面掲載

今日、毎日新聞 中部版夕刊1面に

弊社記事が掲載されました。








いつものことですが、

私は写っていません。




まぁここまで来ると、

風物詩ですね(笑)






毎日新聞のWeb版にも掲載されました。



チョッと見にくくてスミマセン。






毎日新聞のWeb版に掲載されると

期待するのがYahooニュース。








どうでしょう?







載るかな?











載ったー‼






こうなると

Webアクセスうなぎ登りです。



明日から忙しくなるかな?







2017/01/07 00:30 | マスコミ関係COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

福井県大野市 旧田村家

チョッと前のお話になりますが…





今年6月に開催されました、

中部人形節句品コンクール技術部門におきまして

最高賞の 『中部経済産業局長賞』 を受賞しました。













この作品が福井県大野市の武家屋敷、

旧田村家に展示されました。









今回のコンクールテーマが 『くれない』 でした。

百人一首のなかに、この言葉が出てくる句は 『ちはやふる』 だけ。

作品タイトルは 『からくれない』 としました。





そして福井県は、 『ちはやふる』 と言う映画の舞台で、

モチーフも百人一首なので、私たちの作品とピッタリ!!

ちょうどタイムリーだったようです。





そんなご縁で展示の運びとなりました。

今回の展示期間は、すでに終了しておりますが、

また、2月頃にも展示の予定があるそうで、

もう一度ご覧いただける機会があるかもです。

その時は、またご案内しますね。





その時は福井まで、ぜひ足をお運びくださいね。

蟹のお土産なんか 『ぜんぜん』 要りませんから





でも....





.お送り頂けるのでしたら、無理に拒みはしませんが...(笑)











越前ガニなどしばらく食べたことがない店長

ホームページはこちら










2016/12/07 02:16 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

Google インストアビュー開設

大変ご無沙汰しております。(汗:

更新がずっと滞っておりまして、大変申し訳ございません。

これからチョッとずつ更新します!(笑)

さて、復帰第一回めはなんと!









Google インストアビュー開設!!









すごーい! (*’ω’ノノ゙☆パチパチ



どうも当店はお客様が入りにくいみたいで (汗; 

『入ったら出にくい』と思っているお客様が多いみたいです。(それはお店としてどうなの?!笑)



そこで、少しでも安心してご入店出来ますようにとインストアビューを開設しました。

このインストアビューをご覧になられましたら、お店にもお気軽にお入りください。









で、どんな感じかと申しますと…













チョットだけ移動もできます。(笑)

これから順次、工房内も撮影していきますので

こうご期待!





加藤人形のHPはこちら



2016/11/28 02:13 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

お雛様の手が・・

先日、お客様が


『お雛様をしまう時に、手を折ってしまった!』


と、ご連絡を頂きました。


『すごく不吉な気がする。どうしたら良いか?』


と、鬼気迫るお問い合わせです。


先ずは、見せて戴かないと
修理できるかどうかお返事出来ません。


と言うことでお品を工房にお持ち頂きました。

木で出来た手の指部分が折れていました。

手は折れてしまうと接着しても弱いので
お取り替えした方がよい旨をお伝えし、
お取り替えで対応します。


でも、お客様は手が折れた事をすごく気にされていて、

『これから悪い事が起きるのでは?』

などと心配しておられます。


ご心配になられるのは、お子様を心から大事にされていらっしゃるからで、
お気持ちは痛いほどわかります。


でもチョッと思い出して下さい。

お雛様は『お子様の身代わり』ですので、
お雛様が汚れたり、壊れたりすることは、

『降り懸かる災いをお雛様が代わりに受けてお子様をお守りした』

と言うことなのです。

ですから、お子様が無事であったことを
先ず喜んで貰いたいのです。

そしてお子様と共にお雛様へ

『ありがとう』

と感謝する心をお伝え戴きたいのです。


こういう体験をされたお子様は必ず、
物を大切にされる大人に成長されますし、大人になられた時に

『あぁ両親は私のためにお雛様をちゃんとしてくれていたなぁ』と、

ご両親への感謝の気持ちも育まれると思います。

お雛様が壊れたり汚れたりした時には、
この様に思って頂ければ良いなと思っています。


この様に書くと、
『壊れたお雛様が怨むのではないか?』とか
『お雛様が仕返しするのではないか?』などと
考えられる方もいらっしゃいますが、

ボディガードは要人が襲われた時に、
自身が傷ついても要人が守れれば良かったと思うでしょう。

逆に自身は無事で要人が傷ついた場合、
とても後悔すると思います。

先にも書きましたが、お雛様はお子様の
身代わりですので、ボディガードと一緒です。

ですので、お雛様は傷ついたり汚れたり
することを喜びと感じるでしょう。

少なくとも私が作るお雛様には
『ちゃんとお子様を守るんだよ!』と
言って出荷しています。

そんな気持ちで作ったお雛様が、
怨んだり呪ったりするはずがありません。


お分かり頂けましたか?
そんな気持ちで作っている雛人形職人ですので、
ご賛同戴けますお客様は是非とも
私共のお雛様で、おひな祭りをして下さいね。

お待ちしております。











2015/04/11 14:57 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

徳川美術館 2015

今年も徳川美術館のロビーにお雛様を飾らせて頂きました。

2月7日~4月5日
特別展『尾張徳川家の雛まつり』

この期間中ずっとロビーに飾って頂けます。


昨年は、親王は当工房のお雛様でしたが、
お供の十三人揃いは間に合わせで他の作者さんだったので
今年は上から下まですべて当工房製の人形を揃えました。


今年


自分で言うのもアレですが、
ヤッパリこれくらい十三人揃いがしっかりしていないと
7段飾りはカッコよくないです。

なんか落ち着く感じです。




そして昨年との違いはコレ!



わかります?




そう!立て札です。

気合いを入れて作りすぎて
大西人形さんのモノより大きくなってしまいました。





結果、撤去...(泣




その代わり小さいサイズを置いてきました。
(小さいサイズも作っておいて良かったw)




いずれ大きい立て札も置いて頂けるように頑張ります。






是非とも皆様お誘い合わせの上、お出掛け下さい。

ご覧頂いたご感想などもお待ちしております。




HPはこちら




2015/02/06 03:45 | 雛人形COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

特別あつらえのお雛様~お持込みの帯

私共の工房はお雛様を作っています。
普段は人形用の金襴や緞子等を使い、
お雛様を製作しています。

時には人が絞める唐織の袋帯やスワトウ刺繍の帯、
五倍箔の帯等も使い製作しています。


ですので、たまにこんなご依頼もあります。





自分の持っている帯でお雛様を作って欲しい。







もちろん出来ます。

ただ、どうしても使用感がありますので、
一度お洗濯に出してからお持ちに
なられたら良いかなと思います。


今回、お持込み頂きましたお客様は
すでにお洗濯済でした。(スバラしい!)


お持ちになられた時にちょうどTV取材がありまして
ご出演頂きました。










こちらのお客様はこだわりがたくさんおありのようで
スケッチブックにイメージを書いて来て下さいました。



そこにお持ちになられた帯と
イメージにあう生地を合わせてお決め頂きました。




そしていよいよ製作に掛かり、
ついに完成致しました。



帯の柄を何処に出すのかまで話し合い
そのご指定通り完成させました。



いかがでしょうか?



こんなこだわりを実現してしまう工房です。


皆さんのこだわりをお持ちください!
お待ちしております!!






HPはこちら




2015/02/02 09:07 | 雛人形COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

毎日新聞 1面カラー

私共の工房は、名古屋市内にあるので
テレビ局や新聞社が近いためか
時々取材に来ていただけます。


今回は、毎日新聞さんです。




色々なニュースが多かったようで
朝刊ではなく夕刊のー面でした。


記事はこちら



お気付きになられた方もいらっしゃるとは思いますが、



・・・



・・・・・・



私、写ってません(笑

左端に作務衣の袖だけ見えます(笑笑



別にいいんですけどね。
女性のお祭りですし、オッサンいてもね(笑笑笑




お雛様は写ってるし、お雛様はキレイに撮ってもらってるし、




ウンウン 大丈夫



ウンウン 平気 まだ大丈夫



以前もカットされたことあるし



ウンウン 大丈夫だから...







。゚(ノД`)゚。(泣






次回があるかわからないけど
もし今度撮ってもらう事がある時は





女性陣のまん中に座ろうと思います(笑







HPはこちら




2015/01/26 01:24 | マスコミ関係COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»